So-net無料ブログ作成

上田昭夫さんを蝕んだ難病「アミロイドーシス」

スポンサードリンク




慶大ラグビー部の元監督で、フジテレビに入社しスポーツキャスターを務めた上田昭夫氏(62)が亡くなった。病名は「アミロイドーシス」。初めて聞いた人も少なくないだろう。

 アミロイドーシスはアミロイドというナイロンに似た繊維状の異常タンパク質が臓器に沈着して臓器障害を起こす病気。ひとつの臓器にしか沈着しない「限局性」と、同時にあちこちの臓器に沈着する「全身性」に分けられる。後者の全身性は治療が困難な難病のため、今年1月に医療費に補助金が支給される難病・特定疾患に指定された。

 どんな病気なのか。厚生労働省アミロイドーシス調査研究班班長の安東由喜雄氏(熊本大大学院教授)に解説してもらった。

「亡くなった上田さんは全身性アミロイドーシスだったと思われます。この病気は50年前からありますが、患者さんが少ないので一般に知られておらず、原因も不明です。発症すると心臓や腎臓、胃、腸、末梢神経など複数の臓器に障害を及ぼします。心臓がポンプ機能を失って収縮しなくなったり、腎臓が老廃物を排泄できず、体が弱っていくような症状です。罹患後の平均寿命はわずか13カ月。最近は治療技術が進みましたが、それでも2年ほどです」

 厚労省の統計によると、全国の患者数は2011年の1736人から12年1802人、13年2016人と増加傾向にある。治療にはアミロイドを作る形質細胞を抗がん剤で壊す方法が用いられる。

「私のところにも患者さんが来ますが、手遅れの方が少なくありません。予防法がないため、一にも二にも早期発見が大切です。20~30代の患者さんはほとんどいませんが、40代になるとそろそろ注意が必要。50歳以上の人は他に原因がないのに微熱や全身倦怠、息切れを感じたら検査を受けてください。下痢や足のしびれ、タンパク尿も要注意です。年に数百人が死亡しているとみられています」(安東由喜雄氏)



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。