So-net無料ブログ作成

GK権田がオーバートレ症候群

J1のF東京は5日、日本代表GK権田修一がオーバートレーニング症候群と診断されたと発表した。
現在は自宅で静養しており、クラブによると復帰時期は未定だという。


権田は7月29日の仙台戦後にコンディション不良を訴え、チーム医師の診断を受けた。
中国で開催中の東アジア・カップの代表メンバーにも選ばれていたが、参加を辞退していた。

また、MF石川直宏が左膝の前十字靱帯(じんたい)断裂と診断された。ドイツに遠征して2日に行われたフランクフルト戦で負傷した。近く、靱帯再建手術を受ける予定だが、全治8カ月で今季中の復帰は絶望となった。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。